Search
Search Menu

CMSとは

認知され始めたCMSとは

大規模・小規模サイトが自分で作成・更新可能

Webサイトは、テキストや画像を作成できるというだけでは構築できず、HTMやCSSというような、専門的な知識が必要で、少しでも目にしてもらうためには他のページからのリンク設定も必要になるなど、完成や更新まで大変手間のかかることが多い作業の連続です。そこで最近になってやっと広まってきたのが、CMSを活用しようとする動きで、CMSは10年ほど前から存在はあったものの、そのような動きが活発化してきたのはここ2~3年になるでしょう。CMSは、挙げたような専門知識や手間はすべてシステム上で制御し、テキストや画像・動画などの情報だけの管理で、簡単にWebサイト更新ができるのです。サイト内のナビゲーションや新着情報などの更新は、自動的に行われてしまいます。専門的な知識がなくても、誰でも簡単にWebサイトを更新・管理できますから、企業ではコストを含めて大いにメリットがあることになります。時間の節約にも大いに役立つのです。例えば、YAHOO!JAPANAmazonなどのサイトを考えてみるとよくわかるでしょう。あのような膨大なサイトを1ページずつ作成しているわけでも、更新しているわけでもないのです。大規模サイトのコンテンツはCMSで一つのシステムとして管理されていますから、コンテンツにはまったく手を入れなくても、テンプレートを変更するだけで、サイト全体のデザインリニューアルをすることも可能になっているのです。もちろん、小規模なサイトでも、CMSの活用は可能ですから、導入する価値はあるでしょう。

yahoo

自社に合った予算や特徴のCMSを活用するだけ

CMSとは、コンテンツマネジメントシステム(content management system)の略です。簡単にいうと、これまでWebサイトを外部のプロに依頼してきた技術が、素人でもできるようになったシステムになります。CMSにはいろいろな種類があり、自社に合った予算や特徴のCMSを活用すれば良いだけです。