Search
Search Menu

Movable Type

時代に遅れたMovable Type

Movable Typeのシェア陥落

Movable Typeはかつて、ブログソフトウェアとしての頂点にいたほど人気が高かったのですが、今ではWordPressに大きく水をあけられています。

なぜそうなったのかの理由の憶測に、Movable Type の開発元であるシックス・アパート社がユーザーやパートナー企業を軽視した結果だということがいわれています。

最初に無料だった使用をユーザーから強制的な徴収精度に変えたり(商用の場合)、Movable Type 普及に努力していたパートナー企業に対してきちんとした対応をしなかったりなどが囁かれているようです。

いずれにしても、現状はWordPressが圧倒的優勢なのですが、こうなってしまうと、お金、人材がどんどん集まっていき、開発や改良が活発になるのは、優勢ソフトだということになり、開発が遅れてプラグインも増えず、機能が増えない悪循環に陥ってしまうのは、残念ながらMovable Typeだといわざるを得ないでしょう。

そういう意味でも、世の中がMovable TypeよりWordPressを選択してしまっています。

movabletype

WordPressと並ぶのはMovable Typeではなくなっている

CMSでのWebサイト構築でよくいわれたことは、Movable TypeとWordPressのどちらかということですが、それもひと昔前の話。

今では、多機能なプラットフォームとなるCMSが数多く出回っていますから、海外で実施した比較コンテスト結果では、WordPressと並ぶのは、Drupal(ドルーパル)、Joomla(ジュームラ)などになっているのです。

Movable Typeよりはるかに人気で、インターネット上で情報発信をするなら、総合的にどのプラットフォームを選択するかの視点になり、たとえ、最初にMovable TypeでWebサイトを作成したとしても、すぐ乗り換えられてしまう可能性が大きいといえるでしょう。

世界のMovable Typeのシェアは、ほぼ日本が大部分らしいですから。