Search
Search Menu

WordPress

人気のWordPressを使いこなすために

初心者にはハードルが高いといわれる理由

WordPressは、プログラム言語のPHPとデータベースのMySQLで作られたブログソフトウェアで、

元々からブログ作成を目的としたシステムとして開発・公開され、今では、個人のブログ、企業や公共機関のWebサイトでなどに多方面で利用されています。

そのシェアは圧倒的で、世界中のWebサイトでみても3割近くはWordPressで作成されているという調査報告もあるくらいですし、CMSで作成されたサイトとして見てみると、6割近くがWordPressで作成されているということがあるほどです。このように、機能性から高い人気を誇り、ホームページ作成ソフトとしても活用度は広がっていますが、実は、初心者には難しいのでは…という意見もあります。そこで、なぜ、そうなのかを説明しておきましょう。まず、WordPressを手に入れようとすると、無料配布のソフトをダウンロード後にサーバーへ移す必要があるのですが、そのサーバーが何でも良いというわけではなく、MySQLデータベースがあることが前提になります。スペックの高いサーバーが必要ですから、導入のハードルは簡単でないことがあるのです。しかも、HTMLやCSSといった最低限のプログラミングの知識が必要ですから、企業や公共機関用のホームページとして考えるなら、ある程度の勉強をしなければなりません。さらには、メールサポートのみで、解決しにくい点があるかもしれないことやSEO対策も自分でしなければなりませんし、デザインテンプレートがあるといっても複雑で、ボタン一つで設定できるようにはなっていないことなど、数々の難関をクリアしなければ、容易に完成できないということが初心者には…といわれる点なのです。

wordpress

PHPとHTMLの知識があれば、自由自在

WordPressのテンプレートはPHPで作られているため、PHPとHTMLの知識があればということありきで、詳細な部分にこだわっての自由なカスタマイズが可能です。